BUYMAの将来性

緒方です。

今日は、BUYMAの将来性についてお話をしたいと思います。
BUYMAは、今年に入って6月頃からテレビCMでも大々的に広告を開始しています。
更に、Facebook広告や他の媒体でも広告費をかなり投じて露出をしています。
BUYMAの運営会社の株式会社エニグモ自体の売上げや営業利益などを決算などで確認しても
とても、勢いのある会社です。

今後は、決算書からは海外展開も視野に国内の市場の足場をしっかりと今年は固めている
感じがすごく伝わりますね。
堅実な会社です。
現在の円安の始まりは、今から逆上ること2年前、2013年1月頃から一気にこの2年で
加速度的に円安が進みました。

全く、予想もしていなかったこの展開に多くの人が驚きました。
BUYMAの物販は、輸入ビジネスになります。
円安だと、通常は輸入ではなく輸出が勢いづきます。
現状、Amazon輸出なども確かに勢いはありますが、BUYMAの勢いはAmazon輸出にも劣らない
勢いがあります。
それは、BUYMAを運営する会社の決算に明確に出ているのです。
BUYMAは円安の逆行にも負けず成長している市場であることを踏まえて将来性を考えて
みると、やはり今後まだまだこれから円安が進んだとしてもBUYMA物販が鈍化する事は
考えにくいと考えています。

これは、ある意味BUYMA物販が『安定した市場』である事を証明している事になると思うのです。
これは、BUYMAの物販だから特別なのか?

私の結論は『Yes』です。

理由は、明確です。
BUYMAは、ファッションに特化して成長している事が『安定した特別な市場』を作っていると
私は考えています。
ファッションは毎年トレンドが変わって、変化する事とブランド価値の安定性がある事が
『安定した市場』につながっているのです。

日本は、世界で一番ブランド品が高い国です。
PRADA、CHANEL、などのブランドは海外との価格差が円安でもブランド価値として
値段の値上げが普通に行われているのです。
こういったことから、ブランド商品の海外との価格差は、円安に大きな影響を受けること無く
安定した価格差があることで、市場が安定して円安によって大きな影響を受けない
『安定した市場』を作り出していると言っても過言ではありません。

結論としては、BUYMAの物販は今後も売上げを安定して稼ぐことができるビジネスモデルであることが
証明できると私は考えています。

【期間限定!BUYMA転売教材プレゼント】

10万の副収入を毎月安定して得ることができる
教材とツールを期間限定で公開しています!

専用の会員サイトで特典や教材を配付しています!
わからないことは、1ヶ月無料サポートで気軽に
聞ける環境をご提供しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です